通いやすい病院を探す段取りセッティング~不妊と疑い始めたら医療機関を頼ろう~

看護師

不妊と疑い始めたら

子供

一般治療の種類

結婚して子供を望んでも2年以上自然妊娠しない場合は不妊症を疑った方が良いかもしれません。不妊症と言っても身体に原因があるケースと原因が特に見つからないケースがあります。不妊治療は保険が効かないことが多いので、専門クリニックで医師と相談しながら行いましょう。まずは一般不妊治療として、タイミング法から始めることがほとんどです。正常な身体の男女でも排卵日にタイミングを合わせなければ妊娠することは出来ません。自己流のタイミングでは間違えている可能性もありますから、超音波検査などを行いながら排卵日を特定してタイミングを取ります。タイミング法以外にも一般不妊治療としては、ホルモン療法や人工授精があげられます。

高度な治療

一般不妊治療としてはタイミング法、ホルモン療法、人工授精などがあげられますが、それでも妊娠に至らない場合にはステップアップとして高度不妊治療を行う必要があります。高度治療になりますと、治療費も格段と高くなりますから、あらかじめ治療に掛かる費用を計算しながら行いましょう。高度不妊治療には顕微授精、体外受精があります。卵子や精子に問題がある場合に用いられることが多い傾向があります。質の良い卵子と精子を選んで受精させますから、成功率も高くなります。しかし、加齢が原因で卵子や精子の質が低下している場合は、高度治療を行ったとしても成功率は高くありませんし、必ず妊娠するという保証もありませんから気を付けなければなりません。